「生きるために食べ物をつくる」いちばんシンプルな仕事 「生きるために食べ物をつくる」いちばんシンプルな仕事

お百姓さんになりたい

監督・撮影・編集: 原村政樹 語り: 小林綾子 音楽:鈴木光男 映像技術:荒山和之、浅野北斗 整音:丸山 晃、堀口 誠 ポスプロマネージャー:原田 修 収録スタジオ:㈱モイ 後援:埼玉県三芳町、木更津社会館保育園、農福連携自然栽培パーティー全国協議会  宣伝スチール:柿内未央 宣伝イラスト:ミキサキコ 関西宣伝:松井 寛子 宣伝美術:森泉 宏 配給:きろくびと 監督・撮影・編集: 原村政樹 語り: 小林綾子 音楽:鈴木光男 映像技術:荒山和之、浅野北斗 整音:丸山 晃、堀口 誠 ポスプロマネージャー:原田 修 収録スタジオ:㈱モイ 後援:埼玉県三芳町、木更津社会館保育園、農福連携自然栽培パーティー全国協議会  宣伝スチール:柿内未央 宣伝イラスト:ミキサキコ 関西宣伝:松井 寛子 宣伝美術:森泉 宏 配給:きろくびと
2019年8月24日(土)より東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公開 2019年8月24日(土)より東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公開

チラシ ダウンロード

野菜も人も不揃いが自然。みんなが幸せになる自然栽培ダイアリー

予告編

ストーリー

自然の声に耳を傾けながら、いのちをつなぐ。明石農園の春・夏・秋・冬。

2.8ヘクタールの畑で60種類もの野菜を育てている、埼玉県三芳町の明石農園。明石誠一さんは28歳の時に東京から移り住み、新規就農した。有機農法からスタートし、10年前からは農薬や除草剤、さらに肥料さえも使わない「自然栽培」に取り組んでいる。ここでは、野菜同士が互いを育てる肥やしになり、雑草は3年を経て有機物に富んだ堆肥になる。収穫後は、種を自家採種していのちをつなぐ。春夏秋冬、地道な農の営みは、お百姓さんになりたい人への実践的ガイドとなり、”自分の口に入るもの”に関心を持つ人に、心豊かに暮らすためのヒントを提示する。

手書きイラスト女の子
不揃いでもいい。失敗してもいい。みんな、ここにいていいんだ。
手書きイラスト畑

明石農園には、パティシエやカメラマンなど、さまざまな経歴を持つ人たちが研修生としてやってきて、農家として独立する人も出てきた。ノウフク(農業福祉連携)にも取り組み、障がいを持つ人たちも得意分野を生かし、それぞれのペースで働いている。「都会の子に土に触れてほしい」と、農業体験イベントも開催する。
20代でも60代でも、障がいがあってもなくても、虫も植物も、土の上ではみんな同じいのち。土がつなぐ「いのちの営み」に、なぜ引き寄せられるのか。競争社会から共生社会へとシフトする、新しい幸せの物差しが「農」にある。

明石さん刈り取り写真てのひらに種写真ひなちゃん親子写真

監督のことば

長年、農業をテーマに映画を制作してきた私にとって、明石誠一さんのような農家との出会いは初めてでした。都会育ちの明石さんは「誰もが生き生き暮らしていける社会はどうしたら実現できるのか」との子どもの頃からの想いから、28歳の時、農家を目指したと言います。その言葉を聞いた時、閉塞感が蔓延する今、明石農園を描くことは未来への指針を伝えられると確信し、即座にこの映画の制作を決意したのです。

明石さんはほとんど市販の種を使わず、畑で育てた野菜から種採り(自家採種)しています。人工的に管理された市販の種ではないため、不揃いな野菜が出来ますが、「不揃いであることが自然の本来の姿だ」と言います。「それは人間も同じだ。どんなに重篤な障がいを抱えた人も、その人の存在価値はある」とも言います。そこに誰もが生き生きできる社会を模索する明石さんの信念があります。

奇しくも今年(2019年)は国連の「家族農業の10年」がスタートしました。伝統的な小さな家族農業の価値が世界中で見直されています。明石農園はそのひとつの典型だと言えるでしょう。それは土や命を慈しみながら作物を育てる営みで、そこに「農」の原点があります。さらに人間の力で自然を支配しようと突き進んできた現代文明の問い直しでもあります。この映画は農業がテーマですが、それを超えた「競争社会から共生社会へ」のメッセージでもあるのです。未来を担う若い世代が「農」の世界から大切な価値を学び取って欲しいと願ってやみません。

原村監督写真

監督プロフィール

原村 政樹(はらむら・まさき)

1957年、千葉県生まれ。
上智大学卒業後、フリーの助監督としていくつかの制作会社で映像制作に携わった後、 1988年、桜映画社に入社。同年、アジアの熱帯雨林破壊問題をテーマにした短編映画 「開発と環境」で監督デビュー。以後、記録映画やテレビドキュメンタリー番組を多数手掛ける。主な作品に『海女のリャンさん』(2004年)、『いのち耕す人々』(2006年)、『天に栄える村』(2012年)など。2015年、『無音の叫び声』制作を機に、フリーの監督として独立し、精力的に制作活動を行う。

主な作品

書籍

  • 2015年「無音の叫び声 農民詩人・木村迪夫は語る」
    (農文協/農業ジャーナリスト賞)
子ども野菜採り写真トマト写真明石さん悠里ちゃん写真

スタッフ

監督・撮影・編集:
原村政樹
語 り:
小林綾子
音 楽:
鈴木光男
映像技術:
荒山和之、浅野北斗
整 音:
丸山 晃、堀口 誠
ポスプロマネージャー:
原田 修
収録スタジオ:
㈱モイ
後援:
埼玉県三芳町、木更津社会館保育園、農福連携自然栽培パーティー全国協議会
宣伝スチール:
柿内未央
宣伝イラスト:
ミキサキコ
宣伝美術:
森泉 宏
関西宣伝:
松井寛子
配給:
きろくびと

劇場情報

ポレポレ東中野公開中アフタートーク&特売イベント決定!

1.公開初日(8/24土)、2日目(8/25日)は1階カフェ特設コーナーで <明石農園の野菜特売会>を開催!

2.上映後のトークイベントも連日開催!

  1. 8/24(土):初日舞台挨拶
    原村政樹(本作監督)
    小林綾子(女優/本作語り)
    鈴木光男(本作音楽)
  2. 8/25(日)
    明石誠一(明石農園代表/本作出演)
    原村政樹(本作監督)
  3. 8/26(月)
    纐纈美千世(日本消費者連盟事務局長)
  4. 8/27(火)
    明石誠一(明石農園代表/本作出演)
    温野まき(季刊書籍「自然栽培」元編集長/時雨出版代表)
  5. 8/28(水)
    関野幸生(関野農園代表/nico会長)
  6. 8/29(木)
    池田明子(フィトセラピスト[植物療法士])
  7. 8/30(金)
    明石誠一(明石農園代表/本作出演)
    中村明珍(僧侶/農家/銀杏BOYZ元ギタリスト)
  8. 8/31(土):ライブ音声ガイド付き上映
    関根健一(Gee Design代表/本作出演)
    1. 9/1(日)
      鈴木敏夫(映画『武蔵野』プロデューサー/農文協プロダクション代表)
      ★木曽日菜子(本作出演)さんの野菜特売会開催!
    2. 9/4(水)
      松浦智紀(自然食品店サン・スマイル代表)
    3. 9/6(金)
      山田正彦(弁護士/元農林水産大臣)
      原村政樹(本作監督)
    4. 9/7(土)
      田村憲司(筑波大学大学院教授/筑波大附属坂戸高校長)
      原村政樹(本作監督)
    5. 9/8(日)
      印鑰智哉(日本の種子を守る会アドバイザー)
      原村政樹(本作監督)
    6. 9/9(月)
      渋谷正和(渋谷農園共同経営者)
      →台風で中止となったため9/24(火)に振り替え
    7. 9/11(水)
      八田純人(農民連食品分析センター所長)
      原村政樹(本作監督)
    8. 9/12(木)
      原村政樹(本作監督
    9. 9/13(金)
      佐伯康人(一般社団法人 農福連携自然栽培パーティ全国協議会 栽培顧問)
      明石誠一(明石農園代表/本作出演)
    10. 9/15(日)
      明石誠一(明石農園代表/本作出演)
      温野まき(季刊書籍「自然栽培」元編集長/ 時雨出版代表)
    11. 9/20(金)
      明石誠一(明石農園代表/本作出演)
      大矢賢司(大矢製作所社長)
    12. 9/21(土)
      天笠啓祐(フリージャーナリスト)
      原村政樹(本作監督)
    13. 9/22(日)
      纐纈あや(映画監督)
      原村政樹(本作監督)
    14. 9/24(火)
      渋谷正和(渋谷農園共同経営者)
    15. 9/27(金)<最終日>NEW
      ベビーカーおろすんジャー

★リピーター&トーク特典★

ポレポレ東中野で『お百姓さんになりたい』をご鑑賞した際のチケット半券、購入したパンフレットや明石農園グッズ、感想を書き込んだSNSやご来館の際に取った写真など、既にご鑑賞済みということが判るものを窓口でご提示いただくと、【映画ご鑑賞リピーター料金】→800円! 【トークのみご参加】→無料!で、ご鑑賞いただけます。

全国共通特別鑑賞券1300円絶賛発売中!【当日一般1700円の処】、初日は監督による舞台挨拶あり! ポレポレ東中野地図
地域 劇場名 公開日
北海道 シアターキノ 2020年以降
東京都 ポレポレ東中野 2019年8月24日(土)〜9月13日(金) 10:30
2019年9月14日(土)〜9月27日(金) 20:20
神奈川 横浜シネマリン

2019年9月21日(土)〜9月27日(金) 10:00
2019年9月28日(土)〜10月4日(金) 13:30

★21日(土)上映後 原村監督舞台挨拶 予定

神奈川 あつぎのえいがかんkiki 2019年10月5日(土)~10月18日(金)
埼玉 川越スカラ座 2019年10月22日(火祝)~11月8日(金)
愛知 名古屋シネマテーク

2019年9月28日(土)〜10月4日(金) 10:00

★28日(土)上映前 原村監督舞台挨拶 予定

京都 京都シネマ

2019年9月28日(土)〜10月4日(金) 15:45
2019年10月5日(土)〜10月11日(金) 17:45

★28日(土)上映後 原村監督舞台挨拶 予定

大阪 第七藝術劇場

2019年9月28日(土)〜10月4日(金) 12:15
2019年10月5日(土) 14:55
2019年10月6日(日)〜10月11日(金) 12:30

★28日(土)上映後 原村監督舞台挨拶 予定

★公開初日(9/28土)、2日目(9/29日)は「けんちゃんファミリー農園」(和歌山県橋本市)の自然栽培の野菜を特別販売!

神戸 元町映画館 2019年10月26日(土)〜11月1日(金) 10:30
広島 横川シネマ 2019年10月以降
沖縄 ゆいロードシアター 2019年10月5日(土)~10月18日(金)

自主上映

上映料金

来場者のべ50人まで:3万円+消費税
来場者のべ51名から:3万円+(来場者-50名)×500円+消費税

上映用素材

DVD/ブルーレイ/DCP
(上映時間:104分)

準備から開催までの流れ

① 主催団体組織(個人でも構いません)

② 会場手配(3ヵ月前までを目途に予約)、入場料等の設定

③ 企画書(実施概要)の作成、上映申し込み

④ 市区町村などへの後援、広報紙掲載依頼(会場費が減免になることがあります)

⑤ 宣伝材料(チラシ、ポスター等)の用意 ※既存の宣伝材料(有料: 以下)を使用することも可

⑥ 関係団体の協力依頼(チラシ配布やチケット買い取り・預かり)

⑦ 地元の新聞社、ミニコミ誌への上映情報掲載依頼、メールやHP・ツイッター等で告知など

⑧ 上映素材の試写、パンフレット等販売物やアンケート等配布物、釣り銭、掲示物等の準備

⑨ 当日会場でのスタッフの役割、受付・入場方法などを確認

⑩ 上映会終了後は、上映素材・上映完了報告書・販売物の残を1週間以内に返送

宣伝材料

■チラシ(B5サイズ両面カラー・裏面下3.5cm余白あり)
5円/枚(税込)※10枚単位

■ポスター(B2サイズ片面カラー)
300円/枚(税込)※2枚以上から

■プレス資料(A4サイズ・モノクロコピー)
100円/部(税込)

◇独自でチラシやポスター作成のための画像データは無償で提供いたします。

申し込み・問い合わせ先

申込書に必要事項を記入の上、以下までお送りください。

Email : info@kiroku-bito.com
FAX:047-355-8455

申込書はこちら>>

上から見た明石農園